Parallax Image

Cutls Code Archives


SNZ 2016
Xperia Xかと思いきや
カテゴリ:Code Archives, Mobile, WordPress 投稿日:2016年2月25日

今回もモバイルのお話。ちょっと前になりますがXperia Xが発表されました。こちら、Galaxy S7 edge以上の注目度です(主観)。
【今回もちゃんとコード書きますよこちらから】
普段Nexus 5というまたまたマイナーな機種を使ってますが、これのディスプレイがNexus 5という名前の通り約5インチのFHD。そしてXperia Xはといえばこれまた約5インチFHD。このクセになるサイズ感。SONYさんわかってますね~
今回はまだXperia Xの詳細スペックがよくわからないのでスペック表は出しません。
日本ではXperia X Performance(SD 820)のみの展開らしいです
するとこれでもう書くことは書きました。なので次書く予定だったアレを半分だけ書いてしまいます。

CCA(Cutls Code Archives)はWordPressを使っていますが、このWordPressにはJSON REST APIが存在するのをご存知でしょうか。これは自分が書いた記事をJSONで引っ張りだせる代物です。この存在を知ってからなんか使えるところないかなぁと考えていたところ、Cutls.comのメインページにある更新情報がリストになっている”最新情報”カラムをよく更新するのでそれをWPで書いてしまおうと考えました。まずは取得するPHPを書いてみましょう。

$post=file_get_contents("https://public-api.wordpress.com/rest/v1.1/sites/code.cutls.com/posts/127");
//JSONから配列へ
$post=json_decode($post);
//配列から内容を、
$post=$post->content;
//取って出すだけ
print($post);

短いですね。同じような感じの奴ではCroudia APIを叩くがありましたがあれの何倍も短いです。あっちはPOSTするモノ(こっちはGET)であり、かつHeaderも書かないといけなかったので長くなりました。
今回のポイントはJSONのURLである
https://public-api.wordpress.com/rest/v1.1/sites/code.cutls.com/posts/127
ですがこれは
https://public-api.wordpress.com/rest/v1.1/sites/<自分のサイトのURL>/posts/です。POST IDは生地に付けられた番号でその記事を編集するときのURL( http://~/wp-admin/post.php?post=1&action=edit )でわかります。この場合はPOST IDは1ですね。最初はこれをrequireしたらいいと思っていましたが・・・
後半へ続く