Parallax Image

Cutls Code Archives


SNZ 2016
Croudia APIを叩く
カテゴリ:Croudia, PHP 投稿日:2016年2月19日

お久しぶりです
書かねばという義務感に襲われてはいますが書くことがないのでとりあえずAPI叩きます・・・PHPで

ホームタイムラインを30件取得するコード
アクセストークンを予め取得してください

//30件取得というデータをセット
$data = array(
    "count" => "30"
);
$access_token="<アクセストークン>";
// URLを指定
$url = "https://api.croudia.com/2/statuses/home_timeline.json";
 
// POST用関数
function http_post ($url, $data)
{
  $data_url = http_build_query ($data);
  $data_len = strlen ($data_url);
 
  return array (
        'content'=>  file_get_contents (
            $url,
            false,
            stream_context_create (
              array ('http' =>
                  array (
//statuses/home_timeline.jsonの時はGET、POSTを指定しなければならないのものもある(投稿など)そこらへんははCroudia Developer Centerにて
                      'method'=>'GET',
//headerにはHOST名とアクセストークンを
                      'header'=>"Host: api.croudia.com\r\nAuthorization: Bearer ".$access_token,
                      'content'=>$data_url)
                  )
              )
            ),
      'headers'=> $http_response_header
  );
}
 
// 送信してJSONゲット
$results = http_post($url, $data);
//結果だけ取得
$result=$results[content];
//配列に
$result=json_decode($result);
//一応エラー処理
if(empty($result)){
echo'Error';
exit();
}

こんな感じですね