Parallax Image

Cutls Code Archives


SNZ 2016
さくらレンタルサーバーへ
カテゴリ:サーバー 投稿日:2016年7月4日

この度Cutls.comはLolipopレンタルサーバーからさくらのレンタルサーバーに移行いたしました。
またこれによりgenerate.cutlsシリーズを中心に一部サービスの提供を中止しています。ご了承ください。

さくらのスタンダードプランを使用していますがなぜ、移行したのかと驚かれるかも知れません
確かに、同額(月500円程度)を払うなら思いっきりロリポップの方が好条件です
例えばMySQLが30個持てる(さくらは20個)し、cronも10個(さくらは5個)持てます。ディスク容量も多いしWebDAVも使えるし。それでもさくらを選んだのは

「独自SSLの証明書を自分でアップロードし設定できる」

これが結構アドバンテージです。
SNSの浸透Let’s Encryptなどの登場でますます必然性が高まり、ハードルも低くなったSSL、これについてロリポップは弱すぎます。
今時月2000円(年24000円!)の証明書買う人がいるんですか!同レベルの証明書はいまや年1000円代の時代です、まして先述のLet’s Encryptなんてタダですよ。さくらにLet’s Encrypt入れる話は後ほど書く予定です。

あとは、革新的なところもさくらが好きです。確かにWordPressでこうやって記事を書いている身にとってロリポップのモジュール版PHPは魅力的です。どれだけ速くなるかはこの目で確かめられていないのでわかりませんが。
さくらぽけっとという機能がさくらにはある。正直こんなのESファイルマネージャーの方が高機能だと思うがそれでもこういうことは好きです。一方ロリポップはLolipopアプリを2月くらいに消しました。
他に、モリサワと提携して憧れの新ゴなどのWebフォントをタダで手に入れられるのも素晴らしい。自分はWordPressのパフォーマンスを気にするので恐らくしませんが。各OS標準のメイリオもヒラギノ角ゴもNoto Sansも十分美しいですから。MSなんとかシリーズとLinuxの標準日本語は好きじゃないですが。

やっぱり双方使ってみないとわからない良さは当然双方にあります。
例えばパフォーマンスなんかが最たる例です。
一般的なページでは実感できるほど差はありませんでしたが、WordPressは心なしかさくらの方が速いです。どちらもCGI版ですが。それでも、一番驚いたのがさくらにおけるGDの処理の速さです。
GDというのはJR西日本風駅名標画像作成サービスなどで使用している、PHPの画像合成ライブラリです。これは本当に速い。ロリポップの時は「あ〜、処理頑張ってるなぁ」と実感できる数秒間が存在してたのに、さくらはまるで元からあったかのようにスッと出してきます。
次はWordPressの移行について書こうと思います。