Parallax Image

Cutls Code Archives


SNZ 2016
インスタンスとクライアントのキュートな関係
カテゴリ:Mastodon, TheDesk 投稿日:2019年5月5日

タイトルだましとはこの記事のことである。

これは、Mastodon Golden Week Calendarの9日目、2019(令和元)年5月5日の記事です。

クライアントとインスタンス。Fediverseに近いのがインスタンスで、ユーザーに近いのがクライアント。いずれも必須のものです。
しかし、自分が制作しているMastodonクライアント「TheDesk」は何やら変わっている気がします。
もともと多くのクライアントがそうであるような「オレオレクライアント」(つまり、自分で使う目的で作り始めたもの)ではないと昨年投稿したのですが、それでも、この一年で大きく変わったように思います。
簡単に言うと「TheDeskは私から離れた」です。
様々な機能要望やバグ報告を受けました。自分が使っていないOS版のリリースや、自分なら使わないなと思うような機能もたくさんつけました。コントリビューターもいるし、ビルダーもいます。これを批判するつもりもないし、オープンソースなフリーソフトウェアであるのだから、公開をやめようがなんだろうが何ら関係のない話ではあるのですが。

クライアントに求められているもの

クライアントに求められているものは何でしょうか。それはAPI経由で提供される情報を正確に表示することに尽きます。全てのクライアントは一意の情報を表示すべきで、特定のクライアントだけで機能する難解無意味な文字列は要りません。この話で揉めたことがあるのでこれ以上のことは言えないのですが、何にしろ常に言っているのが、「インスタンスありきのクライアント」。当然クライアント(Web UIも含めて)がないとインスタンスも立ち行かない。これも個人的に好きな言葉(初出は自分ではない)ですが、「インスタンスはユーザーを選べるが、クライアントはユーザーを選べない」のです。
先述の通りクライアントは遍く全てのインスタンスに対応することを理想とするのに対し、あるインスタンスが特定クライアントをブロックするということがあります。サードパーティーで一位シェアを独走するあのクライアントをブロックするインスタンスもあるし、当然TheDesk(PC)をブロックする計画を持つインスタンスもあるけれど、これについて私は反対意見を持ちません。インスタンスはクライアントのことなど本来考えるべきではありません。(このようなことを言うと、TheDesk(PC)のブロックされた要因を棚に上げて論じてるように言われるかもしれない。現在報告されている全ての具体的バグ, 脆弱性に対処しているので、ここで話をするものではないと考える。)

TheDeskとFediverse

そもそもTheDeskはMastodonまたはFediverseの連合理論に反しています。どこのインスタンスにログインしても同じネットワークが得られるのがFediverseの特徴なのに、5つも6つもログインして運用していろんなインスタンスのカラム並べてウェイウェイするのは正直言ってFediverseの毒としか言いようがありませんね。

おひとり様建てた

ここで、クライアントとインスタンスの関係を再確認しようと、自らインスタンスを運営することにしました。今からユーザーを募るのはリソース的にも無理なので、いわゆる「おひとり様インスタンス」です。
また、一日数回しないと気が済まなかったエゴサも減らしました。

移行に際して一番気がかりなのはソーシャルグラフの維持です。フォローをインポートすればHTLはほぼ再現できるのですが、フォロワーが返ってくることは保証されません。movedされたアカウントのフォローを自動でmoved先に飛ばすくらいのことをしてくれてもいいと常々思っていますが、そういうわけにもいきません。
今回の移行に際して、すべての投稿を自動で元のアカウントに投稿元のリンク付きで未収載で再掲するbotを運用することにしました。(これに対してマルチポストであるという批判も考えられるが、アカウントの主従関係がはっきりしていることや、投稿内容が一致していないことなどから、私はそう考えない。)

連合とは

TwitterなどのSNSを中央集権的SNSと言って非難し、分散型SNSとしてFediverseを賛美する。これは正しいけれど、インターネットというものはもともと分散化されているし、今も最大限分散されています。

安室奈美恵によってファッションの流行が全て決定されていた時代から、このツイートのように「分散」しました。これは若者にまでインターネットによる情報発信が浸透した結果です。
中央集権的SNSの発生は必然的なもので、収入を持たない学生を中心に情報発信の場は無料でないと成り立たず、情報をおカネに変えるという発想は遅かれ早かれ生まれるものだったのでしょう。
既に個々に分散化されているので、ここで問題になるのは中間のレイヤーしかありません。現況、この中間レイヤーがGAFAMなどの大企業によって換金ツールとして動かされています。
一般ユーザーは中間レイヤーの存在に対して無意識です。GAFAMに情報が搾取されるより炎上して情報が特定される方がよっぽど怖い 。
ただ、中間レイヤーが中間フィルターに変わったとき、ユーザーの意識は変わります。大企業は利益を最大化するため、中間レイヤーを通過する情報にフィルタリングをする。
情報はフィルタリングされて然るべきです。全ての情報を処理できる人間はいないし、これこそが連合TLを見る人がほとんどいない理由です。中間レイヤーがフィルターする情報は、「明らかに法律で規制されているもの」だけでいいのです。これに沿えばPixivの二次絵も中間フィルターの対象にはならないはずです。

ユーザーは情報の集まるところに集まります。中央集権はGAFAMが作り上げたものではないのです。Fediverseは残念ながら情報の集結性、拡散性が圧倒的に低いです。つまり、情報の集散地としての価値が低いのです。

インスタンスとクライアントのキュートな関係

TwitterにおいてWeb UIは広告の場としてのツールですが、Mastodonに当然その性格はありません。サードパーティークライアントは各々いろいろWeb UIと比較し、差異を打ち出しています。

一度Mastodonの開発者であるオイゲン氏に「モバイルアプリ(Mobile Apps)」の表現をなぜ「クライアント(Clients)」や単なる「アプリ(Apps)」にしないのかと尋ねたことがあります。 このリンク先にはモバイルアプリ以外も多く並んでいるので実情に即していません。(ちなみに、モバイルで使えないアプリを最初にここに掲示したのはWhalebirdと記憶しています。)しかし、ユーザーが求めているものはモバイルアプリであるという理由で変更されることはありませんでした。

PleromaのWeb UIを残念という人も少なくないと思いますが、Pleromaは公式クライアントを出す(フォークする)ことで解決しようとしています。つまり、インスタンスとクライアントをより分離させようとしているのです。

Web UIというクライアントがあまりにもインスタンスと密接に関わっているために、インスタンスとインスタンスのWeb UIとクライアントの関係がおかしくなっているように感じます。MastodonはWeb UIにすべてのAPIのUIを実装しているわけでもありません。なんだか中途半端な気がします。

キュートな関係とかタイトルに書いておきながら一切その話をせずに書き終えてしまいました。書き溜めてたものを一つの記事に無理やりした感じなのでまとまりが無いのですがご容赦ください。

明日のアドベントカレンダーは

Pawooについて私が考える二、三の事柄 です。Pawooは最後の企業インスタンスって感じですが、扱っている内容も賛否が分かれるので楽しみです。運営はあまり積極的じゃなさそうなので気がかりですが…